徒然なるままに 四国霊場八十八箇所歩き遍路の旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国八十八箇所歩き遍路(帰京日)

<<   作成日時 : 2008/04/29 23:07  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は帰京日。新幹線の窓際にビールの空き缶が並んだ。

天気は晴れ。
歩行歩数は、6800歩 
歩行距離は、5.1キロ(計画は6.0キロ) 

行程は、
08:00 宿発
画像
              部屋の掛け軸 芭蕉の「奥の細道」

画像

画像
              「南無大師遍照金剛」
画像
              摩尼殿 朝のおつとめで地下に祀られているお釈迦さんのお骨を拝見しました

画像
              お世話になりました

画像
              ケーブルの下り

11:20 新大阪駅着
画像

画像
              昼食

12:13 新大阪駅発(新幹線ひかり416号)
画像
              3号車(喫煙車)

15:10 東京駅着
画像
              久し振りの東京駅ホーム

16:30 自宅着
 全工程50泊51日、総歩行距離は1336.1キロ、総歩行歩数は178万歩。
 帰宅時は、体重が3キロ落ちて58キロに、体脂肪が4%落ちて8%になっていました。
 「メタボメタボ」って騒がれていますが、メタボ解消には歩くことが一番効果があるように思いました。

 道中の総費用は約60万円。
 これに装備(靴、ザック、山用速乾性衣類など)の費用約10万円を加えて、総額70万円也。
 よくよく考えてみると贅沢な旅でした。


■この遍路旅では、四国の温かいおもてなしに感謝し、多くの一期一会に出会い、別れに涙し、
 きれいな花々や、すばらしい景色に心を癒され、ずぶ濡れになったり、山道で恐怖心に襲われたり、
 遍路ころがしで、またお寺の階段で苦しみましたが、人生最高の楽しい旅でした。
 四国の方には本当にお世話になりました。感謝!感謝!感謝!です。

■遍路の目的達成度は、
・今年が親父の50回忌に当たり、何らかの形で両親の供養をやりたい。
  これは100%達成できた。
・自分の体力が、まだどの位あるのか確かめてみたい。
  これは当初のスケジュール通り歩けたが、下り坂で膝ガクガクが数ヶ所あったので、90%くらいかな?
・この世に生を受けて66年、馬齢を重ねてきた人生を振り返ってみたい。
  これは0%だった。
  遍路マークを見落とさないように、道を間違えないように、滑って怪我をしないように、
  車事故にあわないように、とにかく夢中だったので人生を振り返る暇などなかったし、
  元々こんなキザなことは無理でした。
  考えることと言えば、今日は宿まで歩けるかなー、早くビールが飲みたいなー、
  夕食は何がでるかなー等、要は俗世からは離れられませんでした。

  ただ一つ、菅笠に書いてある「迷故三界城 悟故十方空 本来無東西 何処有南北」は、
  ちょっとだけ理解できたような気がします。
  
■「もう一度歩くか?」と問われると、今の答えはノーですが、
 あと10年生かされて喜寿になったら、番外霊場20ヶ所を歩いみようかなと思っています。

■「歩き遍路は、苦しいだけです。しんどいだけです。なのに、なぜ1300キロも歩き続けられるのか?
   これは、歩いてみた者でないと、答えは出ないと思います」
 以下に、これから歩き遍路を考えている人のために、
 ご参考になればと思い、私メの経験を記します(順不同)。
===============================================================================================
★地図
・「へんろ道保存協力会」発行のものが、お奨めです。
 この地図とコンパスがあれば充分に歩けますし、勘のいい人ならコンパスと遍路マークで歩けます。
★道の歩き方
・せっかくだから昔からの遍路道を歩く方がいいですね。四国が味わえます。
 ただし、雨の場合は宿などで情報を得て下さい。川のようになる遍路道もあるようです。
 また、あわてて歩かないように。馬の背で滑り落ちる人もいます。特に下りは用心深く。
・9割方は舗装された国道・県道・市町村道を歩きます。歩道の有るところは必ず歩道を。
 歩道が無くて正面または背面から太陽光を受ける場合は、車の走行が太陽に向かわない側を歩く。
 車が太陽光を受けると歩行者の認識度が落ちます。特に朝方夕方の太陽高度が低いとき。
・トンネルは8割方歩道が有りますが、歩きには最大限の注意が必要です。
 私メは、懐中電灯とフラッシングライトの切り替えがついたLEDライトを、
 歩道が無いところは勿論のこと、有るところでもフラッシングさせて歩きました。自己防衛です。
・遍路マークが30分以上見つからない、或いは道を間違えたと思った場合は、
 速やかに分かるところまで引き返す。これが一番時間的ロスが少ないようです。
★一日の歩行距離
・通しで歩く場合は、一日平均25〜30キロまでとする。
 連日一日40キロも歩くと、よほどの健脚でない限りどこかで破綻をきたします。
・最初はウォーミングアップのつもりで短く、足が慣れた頃25〜30キロに、
 最後はクールダウンのつもりで短く、というのが理想的な気がしました。
★荷物
・1グラムでも軽くする。紙一枚、ボールペン一本、衣類一枚でも減らす。
・衣類は、山用の速乾性のものがお奨めです。少し高価ですが洗濯しても翌日着られます。
 極端な話、予備はパンツ一枚と靴下が数足有ればOKです。
・心配性と荷物の重さは比例します。何とかなるくらいの気持ちでパッキングを。
・不要なものは、途中で送り返す。私メは焼山寺の登りの前に送り返しました。
 歩行時不要な荷物を次の宿まで宅急便で送って、身軽で歩いているお遍路さんもいました。
・爪切り、はさみ、ドライヤーなどは宿で借りられます。
★宿に関して
・体調と照らし合わせて、2〜3日先を予約しながらというのが一番いいような気がしますが、
 一軒宿しかないところもあります。ここは早めに予約しておくことをお奨めします。
・早朝出発し、15時〜16時までの間に、宿に入ることをお奨めします。
 時間に余裕があることは、何よりのアドバンテージとなります。
 お風呂とか洗濯は、宿に到着順番が基本ですので、遅くなると随分待たされることがあります。
・キャンセルの場合は必ずTELを。
 無断のキャンセルが多いいと嘆いていた女将さんが、結構いらっしゃいます。
 予定通り宿泊する場合もTELしたほうがいいと思います。宿が安心されます。
・食事のない宿に泊るときは、コンビニなどで翌日の朝食の用意を。
★靴
・足サイズより2〜2.5cm大きめのものを履く。軽い靴を履く。
・雨でグショグショになっても、古新聞を3回換えれば翌日は充分に履けます。
★雨対策
・少し高価ですが、ゴアの上下がお奨めです。防寒着にもなります。
・軽いポンチョがあるといいですね。
 かぶるタイプはザックを背負っていると意外と大変です。前をホックで留められるのがベター。
・荷物は大きめのゴミ袋に入れてパッキングする。蟻と水はどこからでも入ってきます。
 納経帳はしっかり防水対策をして歩きましょう。
★非常食・水
・水はこまめに、喉が渇く前に飲む。乾いてからでは、がぶ飲みになってトイレが近くなります。
 こまめに飲んでいると、発汗でトイレも近くなりません。
・非常食は、かりん糖が一番いいような気がしました。カロリーメイト、チョコも有効です。
★薬
・宿にも売薬はありますが、ご自分の常備薬は持参された方がいいと思います。
★携帯TEL、カメラ
・携帯TELは有ると便利です。道中公衆電話をみつけるのが大変。
 気をとられていると遍路マークを見過ごす可能性があります。
・写真を撮る人は、なるべく防水型を。カメラは乾電池を使用できるものがベターです。
 乾電池は充電できるタイプがベター。私メはエネループと充電器を持ち歩きました。
・宿に着いたら早速、携帯と乾電池に充電を。
★現金
・多くを持ち歩かない。持つ場合は分けて持つ。郵便局を極力利用する。
 余程の山の中以外は、一日に一度は郵便局に出会います。
★昼食
・当日食べるところが無い場合は、前日に宿におにぎりをお願いする。お接待でいただける宿も有ります。
★その他
・コンビニで買物した袋は、防水対策に有効です。捨てないように。
・トイレを見つけたら、必要なくても入って下さい。 
 「あそこで入っておけばよかった」と悔やまれることが、多々あります。
・バンドエイド、ゴムバンドは持っていると何かと便利です。
 バンドエイドは両端がセロテープの代わりになります。
・菅笠の修理は、ホームセンターで紐などを買うことが出来ます。
===============================================================================================
合掌

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国八十八箇所歩き遍路(帰京日) 徒然なるままに 四国霊場八十八箇所歩き遍路の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる